2017年(平29年)/ 2016年(平28年)/ 2015年(平27年)/ 2014年(平26年)/ 2013年(平25年)
■県地域福祉基金に100万円を寄付
■組合設立50周年記念 児童養護施設へビデオカメラを寄贈
栃木県遊技業協同組合(理事長 岩河健一)は、平成28年5月26日県地域福祉金に100万円
を寄付しました。
組合の寄付は、1983年から今回で33回目となり、累計で、7,721万円になります。
宇都宮市内のホテルにおいて、平成28年度の通常総会と合わせて、組合設立50周年を記念した
記念式典が開催され、式典の席上、その目録を福田富一知事に手渡し、福田知事から感謝状を授与
されました。
また、組合設立50周年を記念して県下児童養護施設16か所に「入所している子供たちの
成長を記録したい。」とういことでビデオカメラセットを寄贈し、
県児童養護施設等連絡協議会会長(牧 恒男)から感謝状が授与されました。
■宇都宮市に社会福祉基金50万円を寄付
栃木県遊技業協同組合傘下の宇都宮遊技業組合連合協議会(会長 三光明 組合員55店)は、
平成28年6月20日に行われた第66回通常総会の席上、社会福祉基金への寄付として
宇都宮市に、50万円寄付の目録を手渡し、宇都宮市長の感謝状を授与されました。
宇都宮市への寄付は、今回で29回 累計金額は、1,420万円になります。
■下野奨学会に20万円を寄付
栃木県遊技業協同組合(理事長 岩河健一)は、平成28年9月14日に行われた、
チャリティーゴルフ大会のチャリティー金20万円を、青少年の育成に貢献する為、
財団法人下野奨学会に寄付しました。
寄付は9月30日に下野新聞社に於いて、岩河理事長より下野奨学会常務理事に目録が
手渡されました。寄付は今回で14回目、累計で約398万円になります。
※下野奨学金は、栃木県内で経済的理由で高校進学が困難な者を
 を支援する奨学金制度です。
■下野奨学会に50万円を寄付
栃木県遊技業協同組合傘下の宇都宮遊技業組合連合協議会(会長 三光明 組合員55店)は、
恒例となった青少年の育成に貢献する為、平成28年11月25日に、下野新聞社に於いて
三光会長より下野奨学会理事長に目録を手渡し、現金50万円を寄付しました。
寄付は今回で、31回目。累計で約1,140円になりました。
※下野奨学金は、栃木県内で経済的理由で高校進学が困難な者を
 を支援する奨学金制度です。
■県内福祉施設に車椅子を寄贈
平成28年12月9日 栃木県遊技業協同組合(理事長 岩崎健一)は、このほど
栃木県社会福祉施設協議会を通じ、県内8つの高齢者福祉施設に10台の介護用
車椅子を寄贈しました。
組合は2000年より車椅子の寄贈を行っており、これまで155の施設に
283台を贈っています。
幼い子どもの車内放置事故防止
kenzen777.net
全日本社会貢献団体機構
STOP!詐欺的行為にご注意を!
パチンコ依存問題関連機関リカバリーサポート・ネットワーク
全日遊連
PSIO/遊技産業不正対策情報機構
HOME 概要 加盟店 お知らせ