2017年(平29年)/ 2016年(平28年)/ 2015年(平27年)/ 2014年(平26年)/ 2013年(平25年)/
■矢板市へ「福祉関連用具購入資金」を寄付
栃木県遊技業協同組合矢板支部(支部長  正成)は、平成25年3月25日
矢板市へ「福祉関連用具購入資金」として40万円を寄付しました。
■社会福祉法人 塩谷町社会福祉協議会に寄付
栃木県遊技業協同組合矢板支部(支部長  正成)は、平成25年3月25日
社会福祉法人 塩谷町社会福祉協議会に、10万円を寄付しました。
福祉
■県地域福祉基金に寄付
栃木県遊技業協同組合(理事長 金中烈)は、平成25年5月30日
県の県地域福祉基金に、200万円を寄付しました。福田富一栃木県知事より
金理事長に感謝状が贈呈されました。
寄付は今回で、30回目。同基金や栃の実基金(県社会福祉協議会)への寄付金は
累計で7,321万円になります。
また、被害者支援センターとちぎ(水沼富美男理事長)にも、50万円を
寄付し、水沼理事長より感謝状を贈られました。
■自転車盗難事故防止用グッズと横断幕、立て看板の寄贈
栃木県遊技業防犯協力会(会長 金中烈)は、宇都宮東署と宇都宮大学生団体に
50万円相当の自転車盗難防止用ワイヤーロック(3,000個)と
立て看板(20枚)、横断幕(10枚)を贈り、10月18日に同大学
構内自転車置き場において盗難防止を呼びかける運動を行いました。
■下野奨学会へ寄付
栃木県遊技業協同組合(理事長 金中烈)は、平成25年10月21日
下野新聞社(地方紙)を訪れ、下野奨学会の一般奨学金に30万円を寄付しました。
同奨学会への寄付は、今回で11回目。累計で約318万円になります。
■市社会福祉基金及び下野奨学会へ寄付
宇都宮遊技業組合連合協議会(会長 金一雄)は、平成25年11月26日
宇都宮市市役所を訪れ、佐藤栄一市長に「市社会福祉基金」への寄付金と
して50万円の目録を手渡しました。
「市社会福祉基金」への寄付金は1988年から毎年行われ、累計で
1,270万円となりました。
また、下野新聞社(地方紙)も訪れ、下野奨学会の一般奨学金に50万円を
寄付しました。
同奨学会への寄付は、今回で28回目。累計で990万円になります。
■社会福祉施設に車椅子を寄贈
栃木県遊技業協同組合(理事長 金中烈)は、平成25年12月18日
竹下町の社会福祉法人飛山の里福祉会のハート飛山に介護用車いす
2台を寄贈しました。
金理事長は、「健全娯楽を理解してもらうために、組合員から
浄財を募り、社会福祉に貢献している」とあいさつしました。
同社会福祉会の直井修一理事長は「すばらしい車いすを贈ってもらい、
大変ありがたい」と謝辞を述べました。
組合は本年度、県内10の社会福祉施設に計18台の車いすを寄贈しています。
2000年度から始まったこの事業は、これまでに130の施設に、
249台を贈っています。
TOPへ
幼い子どもの車内放置事故防止
kenzen777.net
全日本社会貢献団体機構
STOP!詐欺的行為にご注意を!
パチンコ依存問題関連機関リカバリーサポート・ネットワーク
全日遊連
PSIO/遊技産業不正対策情報機構
HOME 概要 加盟店 お知らせ